ホーム > お知らせ | 活動報告 > 2010年2月第2例会(1287回)

お知らせ

2010年2月第2例会(1287回)

と き 2月19日(金) ところ 商工レストラン=元ガバナーを囲む例会=

~例会次第~
会長挨拶
LCIF・MJF1,000$献金感謝の楯・ピン伝達
 L村上  明(18回目)L松木 純一(9回目)
 L高田 政公(9回目)L松永  彰(5回目)
 L広島 康雄(5回目)L宮重  清(5回目)
 L若野 富男(4日目)L中村 剛靖(2回目)
 L大坪 一寿(2回目)L藤森 秀章(1回目)
 L山本  衛(1回目)
現在のところ、11名もの方にご協力を戴きました。ありがとうございました。
cimg13051cimg13061cimg1308
メンバースピーチ
  ライオンズクラブ国際協会334-D地区
   名誉顧問 L村上 明
     演 題 「ライオンズメンバーを称える日」
*今日の例会食事は「海老フライカレー」でした。たまたまL村上がライオンズクラブに入会された時のメニューがカレーライスで、当時はまだカレーライスは貴重で、その味に衝撃を受けたことをなつかしく思い出しておられました。過去・現在のライオンズクラブの歴史をお話しいただきました。話はライオンズクラブの将来像にも及びました。
cimg1309cimg1310
    
   高岡フィンランド協会会員 L室谷 芳隆
     スピーチで綴る世界旅行
      ~第9回「フィンランドのお話を聴いて」~
             (国力=人=教育)
cimg1311cimg1312cimg1315cimg1316cimg1314cimg1318
*L室谷は平成15年9/1/~28まで、「ITと福祉」について勉強する為にフィンランドを訪れた時のエピソードと、フィンランドから学んだことについてお話を戴きました。北欧諸国が人づくりにかけている時間とお金と労力は相当なもので、特に本を読むこと、ものづくりを体験すること、自然に触れることを大切にしているそうです。富山県に住む我々もヒントを得ることができそうです。

*新聞記事より

cimg1320

?

?

?

左:2/6 富山新聞 献血運動 高岡イオンモール
中:2/17 富山新聞 山元醸造㈱ 会社紹介
右:2/18 北日本新聞 吉本土地建物㈱ 抗菌スプレー

――――――――――――――――――――――――――――――

テールツイスターの時間 ~今日の音楽~

   ■シベリウス
      (ジャン・シベリウス/1865~1957 フィンランド)

フィンランドの作曲家で、5歳でピアノを弾き始め、10歳で作曲をし、15歳になって正式にバイオリンの練習を始めるなど、幼い頃から音楽的才能が傑出していました。1889年、ヘルシンキの音衆院を卒業し続いてベルリン、ウィーンに2年ずつ留学し、帰国してからフィンランドに昔から伝えられる大叙事詩《カレワラ》に基づく《クレルポ交響曲》の発表で、-躍フィンランド中にその名声を響かせました。1897年にはわずか32歳で政府の終身年金を受ける身になって、作曲に専心しました。フィンランドがロシアの支配下にあったため、忍従の苦しみを重ねた民族性に対する高らかな誇り、灰色の水のような美しい民族的な音楽を作りました。その力強く波打つような俘衆は、ロシアの圧迫に苦しむフィンランド人の勇気をふるいたたせ、国宝的存在として国民の尊敬を集めながら一生を送った人です。
・交響曲 第二番 ニ長調 作品43
1.第一楽章:アレグレット 
2.第二楽章:アンダンテ・マ・ルバート 
3.第三楽章:ヴィヴァチッシモ 
4.第四楽章:フィナーレ:アレグロ・モデラート
シベリウスの交響曲の中では最も人気の高い作品である。この曲は1番に見られるようなロシア音楽の影響から脱し、いかにもシベリウスらしくなっている。特に素晴らしいのは北欧情緒溢れる第2楽章で、フィンランドの深い霧に包まれた湖の情景が鮮やかに浮かんで来ます。
・「カレリア」組曲 作品11
5.間奏曲 
6.バラード 
7.行進曲 
8.交響詩「フィンランディア」作品26
 カレリアと言うのはロシアのカレリア地方を指している。この地方は、もとはフィンランドの一部で、英雄叙事詩「カレワラ」の伝承の地としてフィンランド国民にとっては重要な場所でもあった。
 この「カレリア」は、この地方の歴史的英雄を主人公とした野外劇の付属音楽として1893年に作曲され、後に「間奏曲」「バラード」「行進曲」の3曲をまとめたのがこの組曲である。
 フィンランディアとばフィンランドの国風”とかフィンランド魂”といった意味です。小国のフィンランドは長い間、常にロシアとスウェーデンに交互に支配され圧迫を受けていました。この作曲当時のフィンランドは帝政ロシアの属国として、暴政に暗い日々を送っていましたが、シベリウスはフィンランド人に代わってはげしい怒りと反抗を音楽であらわしたのです。1900年のパリの大博覧会でシベリウスはヘルシンキフィルハーモニー・オーケストラと共にパリに臨んで、白身の指揮で演奏しました。フィンランド風のメロディやリズムを使ったこの曲を世界的なものにし、34歳のシベリウスの名を国際的にいっぺんにポピュラーにしました。
 フィンランドでは毎年の独立記念日に、今でもこの曲が演奏されます。曲は大きく2つに分かれます。

ホーム > お知らせ | 活動報告 > 2010年2月第2例会(1287回)

フィード
ログイン

ページトップへ戻る